名古屋商工協同組合協会は、昭和22年、戦後間もない時期に設立して以来、中小企業の各業界の連携と協調を促進し、2022年(令和4年)8月には創立75周年を迎えます。「楽しく意義のある異業種交流の場」を目指し、異業種の会員同士の情報交換、組合や企業にとって有効な施策を名古屋市等関連機関の協力を得て情報提供し異業種交流を膚で実感できる機会を大切にしています。


楽しく意義のある異業種交流の場をめざして


表彰事業

 優良組合、組合優秀職員・優秀従業員等の名古屋市長表彰等を年に一度行います。

情報提供事業

 機関誌「協会だより」を年に4回発し、きめ細かい情報提供を行います。


研修事業

 タイムリーな講演会の他、名古屋市が実施する企業向けセミナーに会員組合傘下企業が参加する場合、その受講料を全額補助します。

施設見学会・その他交流事業

 優良企業見学会の他、研修旅行や懇親会を実施して、異業種交流の場を提供します。


TOPICS

令和4年8月2日 名古屋市消費生活センターから「くらしのほっと通信」№96及び特集号が配信されました。内容についてはこちらをご覧ください(内部リンク)NEW

令和4年7月11日  組合協会に以下の組合様が新規加入されましたのでお知らせします。NEW

組 合 名 :名古屋市指定水道工事店協同組合、代表者名:理事長  穂刈 泰男(敬称略)

令和4年7月8日 会員対象の厚生事業として、劇団四季ミュージカル『キャッツ』名古屋公演の案内をアップしました。内容についてはこちらをご覧ください(内部リンク)NEW

令和4年7月5日 名古屋市消費生活センターより、最近の特徴的な消費生活事案について注意喚起情報が寄せられています。また、企業向けの「出張講座」についてもあわせてご紹介します。内容についてはこちらをご覧ください(内部リンク)NEW

令和4年6月7日 経済産業省より、ウクライナ情勢に関連した中小企業向けの支援策が公表されました。詳しくは経済産業省公式サイトをご覧ください(外部リンク)