令和4年度事業計画

自:令和4年4月 1日

至:令和5年3月31日

Ⅰ事 業 方 針 

 昨年を振り返ると長期化する新型コロナウィルス感染症の影響により多くの会員企業の皆さまは厳しい経営状況の一年だったのではないかと推察されます。

昨秋以降、国内では新型コロナ新規感染者数が著しく減少し、本格的な日常 生活の回復に向けた動きが出てきたが、年明け早々全国的に感染が再拡大し2月中旬以降は減少傾向となり、未だ予断を許さない状況が続いています。

 こうした状況の中、協会会員ならびにそれを支える事業者の皆さまの発展と地域経済の発展のため、ウィズコロナ、ポストコロナを見据えた持続可能な経済社会を構築するための契機とする必要があります。

当協会は、昭和22年に中小企業を支援する目的で設立され、異業種の集まりであり、会員相互における情報交換の場として強固な連携を図ってきたところです。

令和4年度も引き続き名古屋市の支援のもと各種助成制度の情報提供、功労者表彰、教育研修、異業種交流などの事業を展開してまいります。

また、新規会員の入会勧誘や魅力のある事業の調査研究を進め、会員組合の振興発展に資するよう事業運営に努めてまいります。

 

Ⅱ 事 業 計 画

 1 表 彰 事 業

永年にわたり中小企業団体の役員にあって組合の発展や中小企業の振興に貢献された「功労者」や、永年同一事業所にあって業務に精励し勤務成績優良な「優秀従業員」などの表彰を行います。

⑴ 市 長 表 彰

優良組合、協会功労者、組合功労者、組合優秀職員、優秀従業員の名古屋市長表彰を行います。

 ⑵ 会 長 表 彰

協会功労者、組合優秀職員、優秀従業員の会長表彰を行います。

 

 2 情 報 提 供 事 業

⑴ 機 関 誌 の 発 行

機関誌「協会だより」を年4回、各1000部発行し、事業計画、行政施策、会員組合の動き、寄稿文など各種の情報を提供します。

⑵ ホームページの活用

協会のホームページを活用し、会員組合の事業や行事などを紹介していくと共に、国、県や名古屋市の施策を広く発信し会員の事業運営に資していきます。

⑶ 組 合 資 料 の 整 備

会員組合の組合員名簿や機関誌、記念誌などの資料を整備し会員の閲覧に供します。

 

3 研 修・厚 生 事 業

⑴ 研 修 事 業

経済問題や時事問題をはじめ、経営管理から健康管理まで幅広く時宜を得た講演会の開催及び情報の提供に努めるほか、名古屋市内及び名古屋市近郊の施設等の見学会を実施します。

また、名古屋市経済局及び関係機関が中小企業を対象に実施するセミナー、研修会に参加を希望する会員組合及び傘下企業関係者に対して、受講料を補助する講習会補助事業を実施し、会員組合及び傘下企業の人材育成を支援します。

⑵ 厚 生 事 業

会員相互の親睦を図るため、レクリエーション事業を実施します。

 

4 名古屋市中小企業助成制度などの周知・活用奨励

 名古屋市が実施する商工業団体向け助成制度、「共同施設設置事業補助」「共同振興事業補助」などの中小企業施策の周知を図りその活用を促します。

 

5 行 政 施 策 へ の 参 加

中小企業団体の代表的立場として、名古屋市をはじめとする各種機関が実施する事業及び施策に参加、協力します。

 

6 人材確保PR事業

商工業団体等の産業人材確保育成にかかる先駆的取り組み事例を選定し、機関誌、ホームページ等で広くPRすることで会員組合の人材養成に寄与します。

 

7 交 流 事 業

会員懇親会などの開催を通して、会員、役員、実行委員相互の交流を図り、会員組合の連携を密にし、親睦、情報交換に努めます。

 

8 会員増加への取り組み

会員組合の増加を図るため、当協会の魅力向上策について検討を進めるとともに新規会員の勧誘に努めます。

 

9 総会・理事会・実行委員会の開催

毎年度の事業計画、予算等を議決するため総会を、総会に提出する議案その他を議決するために理事会を、協会の事業を効率的かつ円滑に運営するため、実行委員会を開催します。 

   

10 協 会 の 組 織

⑴ 事 務 局

協会事務局に、事務局長、主事及び書記を置き円滑かつ迅速な事業運営に努めます。

⑵ 中小企業団体活性化推進指導員の設置

会員の健全な発展と堅実な運営に資する諸事業を企画し実施するため、活性化推進指導員を配置します。